Tween トゥイーン(アニメーション)オブジェクト


デモはこちら


プロトタイプ

Tween → Binder


メソッド
new Tween() Tweenオブジェクトを作成します。
on(eventName,fn) オブジェクトがイベントを発行した時に実行する関数を登録。
eventNameはスペースでつなげて複数設定することも可能。
off([eventName,fn]) オブジェクトがイベントを発行した時に実行する関数を削除。
関数指定が無い場合には、指定されたtypeに紐づく全ての関数を削除。eventName指定が無い場合には、全ての関数を削除。
trigger(eventName,[data]) eventNameで指定したイベントを発行する。
発行するイベントオブジェクトにはtype,target(発行元)が自動的に設定される。data(オブジェクト)を設定することでイベントオブジェクトを拡張できる。
start(target,values,[easeName,sec,delay,fn]) トゥイーンを開始する。
target : ターゲットオブジェクト
values : プロパティ名と値をペアとする連想配列。(例:{x:50 ,y:200})
easeName :イージング名 (デフォルト "linear")
sec : トゥイーン時間(秒)(デフォルト 0.5)
delay : トゥイーンを開始するまでの待機時間(秒)(デフォルト 0)
fn :トゥイーン完了時に実行する関数(デフォルト null)
stop([target,propName]) トゥイーンを停止する。引数にターゲットオブジェクトを指定するとそのトゥイーンに限定して停止する。
第二引数にプロパティ名(文字列)を指定した場合、前述の条件に加えプロパティも一致するトゥイーンに限定して停止する。

プロパティ
enabled Boolean イベントの発行の有効/無効を設定、または取得。
false を代入すると、イベントの発行を一時的に無効化できる。
active Boolean トゥイーンを実行しているかどうかを返す。

イベント
"change" トゥイーンを実行中、処理が行われるたびに発行
"complete" すべてのトゥイーンが終了した時に発行

TOP